借金癖がある人はクレカを持ちすぎるな

わたしの経験談ですが、キャッシング枠があるクレジットカードをたくさん持っている人は気をつけて下さい。
現在、パチンコ、スロット、競馬、競輪、競艇など様々なギャンブルがありますが、それに全く縁がなく、上記クレジットカードをたくさん持っている人は、少し注意が必要です。

ギャンブルには依存症とも言っても良い程、強い依存性があります。
友人や会社の先輩などに誘われたり、付き合い上仕方なくついていった時に、大勝ちしても数万の勝ちでも、ビギナーズラックで勝ってしまい、美味い思いをして、一人で行くようになってしまったら危険です。

自分のお小遣いや生活に支障がない範囲で楽しむのは構いませんが、そうでなかったら、負けを取り返そうと、貯金に手を出し、貯金が尽きたら、キャッシングをしてしまう、キャッシング枠がいっぱいになったら別のカードのキャッシング枠をギリギリいっぱい使う、といった負の連鎖がはじまります。

自分を制御できなくなってしまう人(ゲームなどハマり、課金を繰り返したり、時間を忘れてやってしまう方など全てではありませんが、ギャンブルに依存してしまう=自己制御できない傾向があります)は十分注意してくだい。
それが借金癖がある人の一つのパターンです。

私は現金しか信じない部分があって、手元に現金がある時だけ、その範囲内で買い物をするようにしています。

しかし、主人はその反対で、今後の収入を見越して買い物をしてしまうんです。カードも簡単に使ってしまうし、借金癖も治りません。

働いているからまたすぐにお金が入って来ると安心しているのだと思いますが、実際、主人に何かあって働けなくなることだって考えられるし、借金をすれば無駄に利息も払わなければならなくなります。

それなら、先に必要な金額を貯めてから買い物をしたほうがずっと安心だと思うんです。利息も払わなくて済みます。

借金をしたら気持ち的にも落ち着かないし、いつまでも「払わなきゃ」という義務に終われる感じがして嫌なのです。

しかし、借金癖がある人は、そのような感情を持たないようです。

お金を借りても、少しも不安がらないし、「なんとかなるさ」と、さらなる借金をしてしまったりするんです。

それを見越して、私も貯蓄するようになってしまいました。いざ払えなくなった時のために、です。

けれど、それがまた主人の安心を生んでいるようで、「俺が払えなくなったら、なんとかしてくれるだろ」と甘えてきます。この借金癖はどうしたら治るのか、悩みです。

お金はいくらあってもいいものです。
ですが、お金があるときは時間がない、時間があるときはお金が入ってこない。
大半の人ははお金と時間は同時に十分持つことができないような気がします。

ヨーロッパではワークシェアリングとバカンスが定着していますが、これはお金と時間のバランスをとるためではないでしょうか。
賃金はそれほど高くありませんが、余暇を楽しむのに十分なお金と時間がもたらされます。

反対に、お金がたくさん入ってくる時には時間がない場合が多い。
使っている時間がない、使い道を考える時間すらなければせっかくお金があっても満足のいく使い方ができません。
お金があれば楽しい、お金がなければ楽しくない、というわけでもありません。

貯金に勤しめば将来の安心感が得られますが、今を犠牲にすることになる。
今を楽しめば将来お金がなくて苦労するかもしれない。
なんとかそれなりのお金とそれなりに自由になる時間がある生活ができないかといつも考えています。

借金と言うのは恐ろしいもので、普段しない人が借金をしてしまうと癖になってしまう事があります。
私もその内の一人ですので、偉そうな事は言えませんが本当に癖になってしまう。
私は親から人とお金のやり取りをするなと言われて育ちましたが、その親も昔に借金をしてしまい癖になって泥沼化した経緯がある。

そして私も借金は嫌いだと言いながら、一度やってしまうともう良いわと思ってしまって何度も人からお金を借りる様に現在進行形でなってしまいました。
心の底ではお金を人から借りたくないのですけれど、中々状況的に追い込まれるまで止められそうにありません。
最後には、自己破産をすると言う羽目になってしまうかもしれない。

なので、癖にならない為には借金なんてしない方が良いのです。
普段しない人がお金を借りてしまうと、本当に借金地獄から抜け出せなくなってしまいます。
多くの人はそんな事ないでしょうが、しないに越した事はありませんよ。

と言う事で、人からお金を借りる事は悪いとは言いませんが計画的に、とにかく返す当てがあるならば借りても良いでしょう。
けれど、返せるかどうか分からない状況の時はやむを得ない事情の場合意外は借りるべきではないですね。

【関連サイト】ヤミ金対策 | ヤミ金の取り立て嫌がらせを今すぐ止める対処法
【URL】http://www.wemakebartwork.org/